リベスト

リベストの画像1
将来を見据えた家づくりを行っており、サポートも充実
会社名株式会社リベスト
電話番号019-601-3937
代表者相原 一徳
設立平成4年11月30日
資本金2,200万円
施工エリア全国
対応サービス内装/外装/キッチンなど
実績マンション/平屋/一戸建てなど
耐震等級耐震等級3
坪単価情報なし

リベストは岩手県奥州市を中心とし、盛岡市など県南を中心として家づくりを行っている会社です。地域密着型の地元企業であり、スタッフのほとんどが岩手県の地元出身者で構成されています。今回は、そんなリベストの特徴について紹介していきますので、ぜひご覧になってください。

地元企業ならではの安心感。充実したサポート

リベストの画像2

株式会社リベストは平成4年に創業され、約30年の間地域に根ざした家づくりを行ってきました。今までに手がけた家はおおよそ2,000棟にもなり、岩手県の注文住宅着工数上位に位置する企業といえるでしょう。

全国区のハウスメーカーではないことが特徴のひとつであり、一度担当になったスタッフが変更されることがないため、末永く充実したサポートを安心して受けられるでしょう。リベストの営業エリアは北から滝沢市・盛岡市・雫石町・矢巾町・紫波町・花巻市・北上市・金ヶ崎町・奥州市・平泉町・一関市です。

地元出身スタッフの心を込めた家づくり

リベストの画像3

リベストに在籍するスタッフは地元出身のため、担当するスタッフそれぞれが大切な友人や親戚の家を建てるような想いで、心を込めて家づくりを行っています。ほかにもスタッフが心がけていることとして、「判断に迷ったら、お客様に喜ばれる方を選ぶ」という行動方針があります。

営業スタッフはもちろん、設計や工務スタッフもこの行動方針に従って行動しているため、安心して家づくりを任せられるでしょう。

具体例としては、

・ご迷惑となるお約束なしでの自宅への訪問や電話はしない
・地域の不動産情報の積極的な収集
・月2回の完成住宅見学会
・きめ細かく充実したアフターメンテナンス
・わかりやすい実物体の構造模型の展示
・徹底した土地の調査
・岩手の風土に適した高気密・高断熱・省エネルギー住宅
・見積以外にも諸経費を網羅したマイホーム資金計画の提供
・住宅ローンへの精通

などが挙げられます。

将来を見据えたライフサイクルを考えた家づくり

リベストの画像4

見た目や価格だけでなく、家は住んでからその価値が変わっていくものでしょう。そのためリベストでは、将来を見据えた家づくりにこだわってきました。具体的にこだわっている点は「快適性」「経済性」を兼ね備えた家にすることです。

家における快適性・経済性とは

リベストは「快適性」「経済性」を兼ね備えている家を価値のある家としています。ここでいう快適性とは、生活のしやすさが挙げられます。

生活のしやすさとは、間取り・空間や収納スペースの確保、一家団欒ができるリビングや会話の弾みやすい動線の確保などのプランニング、夏は風通しがよく、冬は暖かいといった季節ごとに快適な温度・湿度管理をすることです。加えて外部の騒音や揺れにも負けない頑丈な構造であることも、リベストでは基準に取り入れました。

住宅における経済性とは、生活する上でかかる諸費用、電気・ガス・水道などの光熱費を抑えることで、家の中の設備にかかるメンテナンスや修理費用も抑えられることです。住みはじめた後のことも視野に入れて、快適性も経済性も両立させることをリベストは価値のある家としています。

品質のための現場監督の多さ

現場監督とは建物の工事を監督する立場にある人のことを指します。本来、家づくりでは営業スタッフが2~3名で現場監督が1名程度になりますが、リベストでは営業スタッフとほぼ同数が現場を監督します。本来1名であるはずの現場監督の数を増やすことで、しっかりとした現場管理・工事を安定して行うことが可能となるでしょう。

お客様目線の価格表示

リベストの画像5

マイホームの購入は人生で最も高額な買い物といわれています。購入を考えている方も価格による失敗は絶対に避けたいところでしょう。リベストではかかる価格の表示や支払い方法についても、お客様目線を大事に透明でわかりやすいことを指針に仕組みを作っています。

総額表示

リベストの作る資金計画書には新居で生活がスタートするまでの諸経費すべての費用が含まれている点も、信頼性の高いポイントです。

というのも、注文住宅の価格は坪単位で表示されているのですが、この坪単位には諸経費が含まれていないことが多いのです。安さが売りのハウスメーカーでは安く見せるために、本来かかるはずの費用を表記せず坪単位表示のまま宣伝するケースが少なくありません。

しかしリベストでは、そのようなことはしません。建物本体の工事用だけでなく、屋外給排水工事、仮設工事の費用、カーテンやエアコン、照明などの諸費用もすべて込みでの資金計画書なので、安心して費用の確認が行えます。

申込金と契約金が必要ない

建築費は契約時に10%、着工時に30%、中間時に30%、引渡時30%など複数回にわかれた費用の支払いが発生します。購入も決めていない段階で間取りのチェックや敷地の調査のために10万円もの申込金の請求を行う会社も存在します。

しかしリベストでは、「判断に迷ったら、お客様に喜ばれる方を選ぶ。」という行動方針のもと、「ハウスメーカー・工務店側の都合による費用」を消すよう、中間時まで一切お金を必要としない仕組みを取ってきました。具体的には上棟作成時に60%、建物完成時に最後の40%を請求しています。

値引きはしない

契約を迫る際に「今ならお安くしておきます」と言い、値引きをして契約を迫るようなトラブルはあとを絶ちません。そんな中、リベストでは「建築を任せる会社を決めることは、人生にとって大きな決断である」という考えから、こうした取引を不誠実かつ不平等とし、駆け引きのない適正な価格の提示を行っています。

主な商品プラン

リベストの画像6

最後に、リベストの商品プラン4つを見ていきましょう。

ひとつ目は、家庭用エアコン一台で冷暖房が行える家YUCACO(ユカコ)です。YUCACOは、高い気密性と断熱性を体感できるでしょう。

2つ目は、厳選人気プランECONO(エコノ)です。ECONOでの暮らしは、光熱費や住宅ローンの負担を軽減できるでしょう。

3つ目は、150%の住まい空間を提供するSumica(スミカ)です。Sumicaは小屋裏や中二階、半地下を活用した家づくりとなるでしょう。

4つ目は太陽光発電を搭載した+ZERO(ゼロ)です。+ZEROは、太陽光発電のエネルギーにより、消費電力を抑えられるでしょう。

まずは見学予約してみよう

いかがでしたか?このように地域に根ざしていることが強みのハウスメーカーも存在します。このような地域密着型のハウスメーカーの強みは、スタッフの土地勘やその立地条件を安心して確かめられる点や、充実したサポートを受けられる点です。

岩手県に住む方は、ぜひこちらも検討してみるとよいでしょう。リベストが気になった方は、まずは公式サイトから物件の見学予約をしてみてください。

リベストの公式サイトを見てみる
SEARCH

新着記事

注文住宅の購入を検討する際、かかる費用やその内容が気になる人は多いと思います。夢のマイホームを建てた後も、家族が幸せに暮らすためには、費用についてきちんと知り、堅実な資金計画を立てることが大
続きを読む
注文住宅の購入を検討する際に、高気密・高断熱住宅という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。一般的には、省エネ、快適などのイメージがあると思いますが、購入を考えるのなら、そのメリットやデ
続きを読む
マイホームの購入は人生の重要なライフイベント。「せっかくだから注文住宅にしたい!」と憧れる人も多いことでしょう。ただし、憧れだけで注文住宅を選んでしまうと、思わぬ落とし穴もあります。ここでは
続きを読む