株式会社あっとホームの口コミや評判

公開日:2022/03/15  最終更新日:2022/08/18

株式会社あっとホーム
住所:〒020-0857 岩手県盛岡市北飯岡2丁目1-11
TEL:019-635-6000
受付時間:9:00~18:00
定休日:第二・四土曜、日曜、祝日

あっとホームは、岩手県盛岡市に本社を置く建築会社です。設立は2000年で、地域に根差し、非常に機密性の高い良質な住宅を提供しています。ここでは、あっとホームの高機密・高断熱住宅、24時間換気システム、二世帯住宅の施工に強みがある点といったあっとホームの家づくりの特徴をご紹介します。

1年を通して快適に過ごせる高機密・高断熱住宅を提案

あっとホームは「廊下のない家」をコンセプトにしています。これは、あっとホームの高気密、高断熱住宅の性能を端的に示している表現です。あっとホームは気密性、断熱性を重要視しており、岩手県の非常に厳しい冬や夏の暑さに対応した住宅を建築しています。

あっとホームが提案する「廊下がない」「仕切りがない多目的ホール」「二階に通じる大きな吹き抜け」というのは一般的には気密性、断熱性の側面からいえばデメリットでしかありません。つまり、一般的に「夏は暑く、冬は寒い」ということを助長するので、余程住宅性能に優れなければ提案できません。これを堂々と提案できるのは、あっとホームがこの部分に絶対的な自信があるという現れでしょう。

気密性が高いということは、住宅内の空気が外に漏れにくいということになります。つまり、家に隙間が少ないということを示します。断熱性が高いということは家の中の温度を一定に保つ機能が高いということになります。

空気が漏れにくく、家の中の温度を一定にできるということは光熱費がかかりにくいことを意味します。とくに暖房費の嵩む東北地方では、家を選ぶ際の重要な要素となるでしょう。あっとホームはこれを担保するために、「ダブル断熱」を採用しています。ダブル断熱とは、断熱を内張り、外張り両方で行う工法です。

一般的な住宅は、内張りにグラスウールを柱と内壁の間に施すのみで断熱しており、構造的に柱の部分は断熱できないため、夏の暑さ、冬の寒さに対して性能が充分ではないことが多くありました。これの解決方法は、「断熱材、外壁材の性能向上」「発泡ウレタンの吹き付けで隙間なく断熱する」「外張り断熱を施す」といったものになります。

ダブル断熱は、それらよりさらに高い断熱効果を求めるものであり、非常に高い断熱効果をもたらします。デメリットとしては、建築費用が非常に高くなることになります。これは当然といえば当然のことで、簡単にいえば一般的に1枚しか設置しない断熱を2枚設置するので、その分費用がかかるということを意味します。

構造体に隙間なく、空間を作らずに断熱材を敷き詰めるので、風通しが悪くなることもデメリットでしょう。これを解決するために、外張りと内張りの間に通気層を設けるという工法もありますが、その分費用がかかり、建築できる家のスペースを犠牲にすることになります。

家の躯体の風通しが悪いということは内部結露を引き起こし、断熱材が水を含んで機能しなくなったり、躯体にダメージを与えたりすることになります。そのような家はシロアリの被害にも遭いやすくなります。

24時間換気システムで結露知らず!

24時間喚気は、建築基準法で定められている住宅を建築する際には必須の設備です。かつて、化学物質が原因であるシックハウス症候群、ダニなどのアレルギー物質への対策が叫ばれていたため、その対策として定められました。

あっとホームは家の気密性、断熱性を高めるだけでなく、家に流れる空気の流れも熟知しています。家の空気が早い速度で入れ変わり、循環することは、先述した化学物質、アレルギー物質などの影響を軽減することにつながります。

建築業者の中には、24時間換気とは名ばかりの設備を設置している会社も多くあります。これは、建築基準法で「設置しなければならない」としてはいるものの、「どのような経路で」「空気の流れる方向」などに関しては記載がないためです。

それゆえ、仮に空気の流れが悪く、空気の溜まり場ができていたり、流れない空気が存在したりしていても「給気、排気の設備がついていれば」問題ないのです。あっとホームはここに着目し、家の空気の流れを徹底的にシミュレーションして建築するので、より快適に過ごせる家になるのです。

二世帯住宅の施工に強み

高齢化社会が一層進行し、「軽度の要介護」「世代間の交流」「老人ホームやサービス、人材不足による自宅介護の必要性」についての関心が高まる昨今。二世帯住宅の関心は高まっています。

二世帯住宅は上記の問題を解決する合理的な解決方法であると同時に、施主家族の意向や生活スタイル、将来の活用方法などを考慮して設計、建築する必要があるのも事実です。

あっとホームは36坪2,980万円(税込)からとリーズナブルな価格で二世帯住宅を提案しています。創業から2018年までに60棟の建築実績をもとに計算された間取りと将来展望性を兼ね備えたプランを提案してくれます。

二世帯住宅は「二つの住宅を別々に建てるより割安」「将来的には一部を賃貸に出したりして、資産として計算できる」といったメリットも存在します。この点も税金関係、相続関係などに詳しいあっとホームに相談するのがよいでしょう。

 

あっとホームの高機密・高断熱住宅、24時間換気システム、二世帯住宅の施工に強みがある点について解説してきました。高効率、高気密、高断熱な住宅を提供し続けるあっとホーム。会社の歴史とノウハウに裏打ちされた計算と、経験が高性能な住宅が支持されるのも納得です。こちらで紹介した内容を、ぜひ建築会社選びの際の参考にしてみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

注文住宅の購入を検討する際、かかる費用やその内容が気になる人は多いと思います。夢のマイホームを建てた後も、家族が幸せに暮らすためには、費用についてきちんと知り、堅実な資金計画を立てることが大
続きを読む
注文住宅の購入を検討する際に、高気密・高断熱住宅という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。一般的には、省エネ、快適などのイメージがあると思いますが、購入を考えるのなら、そのメリットやデ
続きを読む
マイホームの購入は人生の重要なライフイベント。「せっかくだから注文住宅にしたい!」と憧れる人も多いことでしょう。ただし、憧れだけで注文住宅を選んでしまうと、思わぬ落とし穴もあります。ここでは
続きを読む