注文住宅用の土地を探す際に確認するべきポイントについて解説!

公開日:2023/03/15  最終更新日:2023/03/14


注文住宅を購入するとき、家を建てる土地も同時に購入しなければなりません。しかし、普段生活するうえで土地を購入する経験はないため、どうやって土地を買えばよいのか迷ってしまうかもしれません。そこで今回は、注文住宅用の土地探しの手順や確認するべきポイント、土地を探すときの注意点などについて解説します。

注文住宅用の土地探しの手順

注文住宅用の土地を探す方法は、主に4つあります。

1つ目の方法はインターネットで土地を探すことです。手軽に情報収集することができますが、良い物件を見つけるのが難しいという特徴があります。なぜなら、情報が公開されているがゆえにすぐにほかの買い手が付きやすいからです。また、土地の持ち主とすれば、ポータルサイトに登録すると掲載料を負担しなくてはなりません。良い土地であればポータルサイトに出さずとも引き合いがあるので、掲載料を出してまで土地情報を載せる必要がありません。もし、少しでも良い物件を見つけたら、すぐに不動産会社に連絡したほうがよいでしょう。

2つ目の方法は、不動産会社に依頼して探してもらうことです。不動産会社がもつインターネット上に掲載していない土地情報についても話を聞くことができます。しかし、訪問してみないとどのような情報を持っているかわからず、収集数がゼロに終わる可能性もあります。

3つ目の方法は自分で探すことです。土地を購入しようと考えている場所を自分で歩き、情報を収集します。とはいえ、持ち主に直接交渉するのは難しいため、不動産会社やハウスメーカーを通じて土地を購入することになるでしょう。自分で歩くのは購入予定地を絞り込んだ後の方がよさそうです。

4つ目の方法はハウスメーカーに依頼することです。ハウスメーカーは住宅に適した土地について情報を持っています。他の目的に使用するならともかく、注文住宅を建てるための土地を探しているのなら、住宅用地を熟知しているハウスメーカーに依頼するのが無難でしょう。しかしながら、自分の考えを何も持たず、白紙の状態でハウスメーカーに行くのは危険です。

すくなくとも、自分が優先したい条件や予算などについてしっかりと条件整理してから、ハウスメーカーに赴くことをおすすめします。また、ハウスメーカーごとに得意な住宅のスタイルがあります。せっかく土地を探しても、理想とする注文住宅を建てられなければ意味がありません。依頼するハウスメーカーがどのような住宅を得意としているか、事前に調べておき、理想と合致するメーカーを選ぶようにしましょう。

注文住宅用の土地を探す際に確認するべきポイント

土地を選ぶとき、どのような点を確認するべきでしょうか。以下の4点についてしっかり確認することをおすすめします。

住宅を建てるうえで重要なことは「利便性」です。駅から近いのか、商業施設に行くのに不便ではないのか、学校から遠すぎないか、病院は近くにあるかなど自分の生活環境をあてはめ、利便性に問題ないか確認します。

住宅を建てる「土地」そのものもしっかり調べなければなりません。埋め立て地では液状化現象のリスクがあり、崖下はがけ崩れのリスクがあります。低地や川の近くであれば大雨の時に浸水するかもしれません。土地が持つリスクは自分で歩かなければわかりにくいので、購入予定地を絞り込んだら自分で歩くことを勧めます。その際、不動産業者やハウスメーカーなど専門家に同行してもらい、不明点を聞くのもよいでしょう。

住宅を建てた際の「日当たりや風通し」も重要です。周辺が空き地である場合は、他の建物が立った場合のシミュレーションもしておきましょう。

もちろん、道路や水道、ガスなどの「インフラ整備の状況」も確認しておくべきです。

注文住宅用の土地を探す際の注意点

注文住宅用の土地を探すとき、注意するべきポイントはつぎのとおりです。土地は場所ごとに法的規制がかけられています。なかでも、用途地域や建ぺい率・容積率はとても重要です。用途地域はどのような目的の建物が建てられるかを定めたものです。住宅は工業専用地域以外であれば建築できますので、購入予定地が工業専用地域でないことを確認しましょう。

また、建物を建てられる割合である建ぺい率や延べ床面積をあらわす容積率も重要なポイントですので、土地購入前に調べておきましょう。土地によっては高さ制限や日影規制がかけられているかもしれません。

そうした建築制限についても注意しなければなりません。土地の傾斜や高低差など宅地を造成する区域についても調べておく必要があります。場合によっては土地を平らにする工事をしなければならず、自治体への申請が必要かもしれません。そういった手間がかかる土地かどうか、注意するべきでしょう。

まとめ

今回は注文住宅用の土地を探すときに確認するべきことを中心に解説しました。一生に一度といってもよい大きな買い物ですので、後悔しないよう、しっかりと確認するべきことをし、後顧の憂いなく注文住宅を建てられるよう努めるべきではないでしょうか。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

ペットとの楽しい生活を送るためには、住まいの間取りにも工夫が必要です。犬の場合は、室内からすぐに外に出られるウッドデッキを設けると良いでしょう。一方、猫には縦方向の空間を確保してあげることが
続きを読む
モデルハウスの垂れ幕でよく見かける、ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーについて、詳しくご存知でしょうか? 「オブ・ザ・イヤー」というくらいですから、何かしら表彰されたのだろうと想像はつ
続きを読む
らせん階段は一風変わったデザインの階段ですが、近年の注文住宅における魅力的なオプションとして選ばれることが多いです。この記事では、らせん階段の設置による利点や注意点について探っていきます。快
続きを読む
注文住宅関連コラム