注文住宅にインナーバルコニーを設置する際の注意点とは?

公開日:2023/04/15  最終更新日:2023/03/22


気軽に屋外に出られる快適な設備として注目を集めているのが、インナーバルコニーです。注文住宅に設置される機会も増えていますが、メリット・デメリット双方があるので気をつける必要もあります。この記事では、インナーバルコニーとは何かを解説し、注文住宅にインナーバルコニーを設置する際の注意点も解説します。

そもそも「インナーバルコニー」とは?

インナーバルコニーは屋根付きのバルコニーのことであり、建物の内側にバルコニー部分が設けられています。間取りの外側に張り出すベランダと機能が似ていますが、奥行きが取りやすいのが特徴であり、室内と屋外のアクセスがスムーズです。

簡単にいってしまえば、広くとられた屋根付きの空間です。屋外なのに天候の影響を受けにくいといった特徴を持っており、幅広い用途で利用できるため、一戸建て住宅の建築を考えている方から人気です。

通常のバルコニーとの違いとは?

通常のバルコニーとは大きな違いがあります。それは、屋根の有無です。一般的なバルコニーには屋根がないため、雨天時に洗濯物を干すことはできません。しかし、インナーバルコニーには屋根があるため、雨天時でも洗濯物や布団を干すことが可能です。

また広さによっては家族とのモーニングやおやつタイム、そしてアウトドアリビングとしても使いやすく、部屋の延長線上に配置されるため、プライバシーも確保しやすいです。

サンルームとの違いとは

サンルームは一般的に屋根で覆われているため、インナーバルコニーと似ています。しかし、サンルームはガラスで天井や壁を覆っているため、陽の光を取り込みます。とくに暑い日差しは避けられないため、おやつタイムやアウトドアリビングとして使用するのは難しいでしょう。

注文住宅にインナーバルコニーを設置するメリット・デメリット

近年知名度をあげていますが、設置するうえでメリット及びデメリットを把握する必要があるでしょう。

メリット

まずは、屋根があるのがメリットのひとつです、通常のバルコニーと異なり、屋根で覆われているため、天候に左右されることなく、洗濯物が干せたり、ティータイムが楽しめたりします。また、屋根があることで強烈な日差しを避けられるのも、大きな魅力です。開放感もポイントであり、居心地のよさに注目です。屋根でしっかりと守られているため、家の中にいるのと同じ居心地を感じられます。しかし、室内から外に向かって広い床スペースが広がるおかげで、たっぷりと開放感が味わえるのです。

さらにプライバシーが確保できるのも、見逃せないメリットになります。通常のインナーバルコニーは外壁に囲まれており、一方向のみ外に向かって開放されています。したがって、基本的には三方を壁に囲まれているのでプライバシーが守られます。人通りの多い道路沿いに住んでいたり、隣の家と近かったりするような状況でも、インナーバルコニーは活躍してくれるでしょう。

パーティーを楽しめるメリットも忘れてはなりません。インナーバルコニーの広さにもよりますが、一定以上の広さがあれば、BBQ・ホームパーティーも楽しめます。知り合いや友人を呼んで遊びたいと考えている方にも、インナーバルコニーはおすすめです。

デメリット

最大のデメリットはコストです。インナーバルコニーを設置するためには、それなりの建築費が上乗せされるため、コスト的な問題で断念する方もいます。また、インナーバルコニーは建物内部に作るため、上下に配慮した施工が必要不可欠です。したがって、通常のテラスを作るよりもコストがかかるのです。

さらに固定資産税も上乗せされます。インナーバルコニーは床面積に含まれるため、その分高く設定されてしまうからです。一方で、建物の外部に設けられたバルコニーやテラスは、外壁面からの出幅が2メートル以下の部分は延べ床面積に含まれないので、税金的な問題は発生しません。

もうひとつのデメリットに、部屋が暗くなるというものがあります。部屋に日光が入りにくくなるので、インナーバルコニーに隣接した部屋は窓を増やすなどして光を取り込むなどの対策が必要になるでしょう。

注文住宅にインナーバルコニーを設置する際の注意点

コスト的な部分に対処するために、必要な面積や機能を事前に洗い出しましょう。屋根や壁材、柱、断熱材などを使う必要があり、結果としてバルコニーよりも倍以上のコストがかかる可能性があります。なので、必要な機能に絞って設置できるよう、必要な面積や機能を事前に洗い出す必要があるのです。

前述したように、インナーバルコニーを設置すると部屋に日光が入りづらくなります。したがって、奥行きと設置する場所を考慮する必要があります。建築業者と相談し、どこにどのように設置したら問題が発生しないか検討してみましょう。

まとめ

人気の高いインナーバルコニーについて解説しました。天候に左右されずに洗濯物を干せたり、パーティーを開催できたりと様々なメリットがありますが、コスト面の問題もあるので、事前にしっかりと考える必要があります。注文住宅にインナーバルコニーを設置する際の注意点も紹介したので、そちらも参考に設置するか検討してみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

ペットとの楽しい生活を送るためには、住まいの間取りにも工夫が必要です。犬の場合は、室内からすぐに外に出られるウッドデッキを設けると良いでしょう。一方、猫には縦方向の空間を確保してあげることが
続きを読む
モデルハウスの垂れ幕でよく見かける、ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーについて、詳しくご存知でしょうか? 「オブ・ザ・イヤー」というくらいですから、何かしら表彰されたのだろうと想像はつ
続きを読む
らせん階段は一風変わったデザインの階段ですが、近年の注文住宅における魅力的なオプションとして選ばれることが多いです。この記事では、らせん階段の設置による利点や注意点について探っていきます。快
続きを読む
注文住宅関連コラム